« NHK番組訴訟に思う―ささやかな抗議 | トップページ | 福はどこから?―巻きずし作り »

2007年1月31日 (水)

「咲ききれなかった花」

「咲ききれなかった花」という絵がある。
『ハルモニからの宿題』-日本軍「慰安婦」問題を考える 石川康宏ゼミナール編という神戸女学院大学の石川康宏ゼミが作り上げた本で見た。

韓国にある「ナヌムの家」には、10人ほどのハルモニ(かつて日本軍によって「慰安婦」を強制された方への敬意を込めた呼び方)が暮らされている。

「咲ききれなかった花」は2004年に83歳で亡くなられた金順徳(キムスンドク)ハルモニが描かれたもの。本にはモノクロ写真で掲載されていた。
白と濃色の清楚なチマチョゴリを着た10代後半の少女が足を揃えて立ち、その全身につぼみや大輪の花をつけた刺繍でできた花木が重なる。
ひっつめ髪をした少女は遠くを見つめているのか、あるいは何も見てはいないのか、清らかなその面立ちにはほんのひとかけらも華やぎはない。

この画像からなかなか目を離すことができなかった。
心揺さぶられるほどに伝わってきたのは、恨(ハン)といったものではなく「女」という性であることへの憧憬と深い悲しみ・・・。

金順徳さんご自身は潰された青春、奪われた純潔への断ち切れない思いを込めて描いたと話されていたという。
少女から女へと移ろうその前に、女であることの悲しみを徹底的に身体と心に叩き込まれて生きていく、そこからこの絵も生まれた。

元「慰安婦」に対して自国の社会も必ずしも理解があるとはいえない。故郷に帰ることができなかった人、家族から除外された人もおられる。

合意のない性交渉はレイプという犯罪であるということ。
恥ずかしい者は「辱め」を受けた者ではなく、それを為した方であるということ。
それらは自明のことなのに、韓国でも日本でも社会の意識として浸透していない。
その社会に向かって自分が元「慰安婦」であったと名乗りでた人たちの思い・・・。

首相官邸にどんなに高価な絵が掛けられているか知らないけれど、許されるならば「咲ききれなかった花」を譲り受けてはどうだろうか?
でも・・・きっとその絵を見ても何にも感じないのだろう。

|

« NHK番組訴訟に思う―ささやかな抗議 | トップページ | 福はどこから?―巻きずし作り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/200019/5158064

この記事へのトラックバック一覧です: 「咲ききれなかった花」:

» 米公聴会慰安婦証言の件で院内集会 [平和への結集第2ブログ]
ニュースで報道されました米国公聴会で証言された李容洙(イヨンス)さんが再び来日しました。 麻生外相 「証言の事実を認めている立場にない」と答弁2月19日 1 2月21日緊急参議院会館で院内集会 参院 午後1時30分 受付 1時 戦時性的強制被害者問題..... [続きを読む]

受信: 2007年2月21日 (水) 09時33分

« NHK番組訴訟に思う―ささやかな抗議 | トップページ | 福はどこから?―巻きずし作り »