« ろうそくは灯っているか?―ブルンジのマギー | トップページ | NHK番組訴訟に思う―ささやかな抗議 »

2007年1月27日 (土)

電気屋のおにいちゃん

突然テレビのBSや地上デジタルが映らなくなった。電気関係は全くわからないので即電気屋さん頼み。
初めて近所の電気屋さんを訪れてみる。
若奥さん風の方が対応して下さり、夕方にはみにきてくれるとのこと。

夕方「ピンポーン」が鳴り玄関に出てみると、立っているのは電気屋の制服を着たまだ10代にも見えるおにいちゃん。一部金髪に染めた前髪を目が半分くらい隠れるくらいに垂らし少し背を曲げボソボソとしゃべる。

普段「偏見」には随分気をつけているつもりでも、心のどこかに「なんでこんな子を寄こしたのだろう・・・?大丈夫かな~?ホンマにわかるのかなぁ~?」といった感情がムクムクと・・・。

おにいちゃんは(もそもそと)リビングのテレビをあれこれ操作したり、配線を確認しているようす。その後外に出て1分もしない内に戻り「アンテナはどうもないみたいやから・・・」と言う。
道路から視認しにくい位置にある屋根のアンテナのようすを、そんなに簡単に判断できるの?・・・と不信がまた少しふくらむ。

「他にテレビはない?ブースターはどこにあります?アンテナにはブースターがあったから、これは室外と室内がセットのものやから絶対あるはずやから」と相変わらずボソボソ声でおにいちゃんから質問。
「ブースター?」今までその存在を意識したことはないけれど、とりあえずテレビが置かれている子どもの部屋2室に案内する。2つ目の部屋の片隅におにいちゃんはブースターを発見。
実は私も初めて目にした。アンテナ設置は業者にまかせきりで説明もろくに聞いていなかった・・・。そして子どもの部屋に入ることもめったにない。

その後おにいちゃんは何やらごそごそしてから1階に降りリビングのテレビをオン。ちゃんとBSや地上デジタルが映っている。
「おお~」と、期待していなかっただけにおにいちゃんの手腕?にいたく感心。「ありがとう!」と、もはや偏見はするりとすべり落ち心からの感謝が湧き上がった。

「ブースターのコンセントが抜けてたから・・・。多分携帯を充電しようと思って抜いたんですわ~」と説明してくれるおにいちゃんは何と笑顔。
この子の表情を固く、もそもそとした動きにさせていたのは「私の偏見」にも原因があったのだ・・・。

「お支払いは?」に、「コンセント入れただけやから・・・、また何かあったら・・・」と30分以上も時間をとらせたのに何も請求せずに「スリッパをちゃんとそろえて」電気屋のおにいちゃんは帰っていった・・・。

|

« ろうそくは灯っているか?―ブルンジのマギー | トップページ | NHK番組訴訟に思う―ささやかな抗議 »

コメント

まっさらなところに最初に書くのは恥ずかしいというか、ドキドキしますね(^^ゞ
記事にある、こういう経験は私も何度かあります。話は変わりますが、昨日幼なじみの娘さんの結婚式に出席しました。教会での結婚式は初体験でした。賛美歌を歌わされたり、コーラスや演奏が生であったりと凝ってるんだなあと感心しました。

投稿: miyata | 2007年1月29日 (月) 00時42分

miyataさん、コメントありがとうございます。
ドキドキさせてごめんなさい。

ここ数年で姪が4人結婚式を挙げましたが、その内3人は教会またはチャペルでした。
式場付属のチャペルは建物も神父さんも(演出も)間に合わせっぽくて落ち着きませんでした。新郎新婦は魅力的でしたけど。

投稿: りん | 2007年1月30日 (火) 22時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/200019/5101208

この記事へのトラックバック一覧です: 電気屋のおにいちゃん:

« ろうそくは灯っているか?―ブルンジのマギー | トップページ | NHK番組訴訟に思う―ささやかな抗議 »