« 個人宅でのパソコン教室 | トップページ | エクサさんのこと »

2008年3月12日 (水)

みようみまねの沖縄料理

沖縄に行かれたkojiさんのエントリー、いつもながら興味深い現地報告だったけれど、何より料理画像に心奪われてしまった・・・。
沖縄へはず~と前に一度行ったきり。
3拍4日の小グループでの研修旅行でとても充実していたが、食事が合わなくて困った記憶がある。
kojiさんが紹介されていたメニューのほとんどに出会わなかったのに、それらがまた何とおいしそうなこと・・・。

ということで、「食べてみたい!」という欲に従い見たことも食べたことも無い沖縄料理を3品作ってみた。

ゆし豆腐など
メニューは「ゆし豆腐」「フーチャンプル」「ラフテー」。
「ゆし豆腐」というのは、固まる前の豆腐で料理はそれを使ったスープのよう。
豆腐好きの私は、作る前からそのふわふわツルツルしたのどごしが想像され、出来上がりにワクワク。
これがまた実に簡単にあっけなく出来上がった。
豆乳を温め、にがりを混ぜて、しばらく蒸らしておいてだしを入れて味付けしただけ。

「フーチャンプル」というのは、麩を卵に浸してから炒めているらしい。
春野菜の、わけぎや新キャベツと取り合わせてみた。
麩にからんだ卵がとてもまろやか。

「ラフテー」というのは焼酎で煮る豚の角煮。
ちょうどいいことに頂き物の焼酎が眠っていることを思い出した。(私は焼酎を飲まない)
惜しげもなくたっぷり使い、圧力鍋で煮た。
上にたっぷり乗せたのはわけぎの白い部分。

私一人にはこの3品で十分。
近くのスーパーで見つけたオリオンビールもつけて・・・。
kojiさんが食された「本場モン」とは少々違うだろうけど、「ゆし豆腐」「フーチャンプル」はあっさりしていてとてもおいしい。
沖縄行きのときは、何でこんなおいしいものに気がつかなかったのだろう?
これからは定番メニューに加えよう。
「ラフテー」は、息子たちがいるときに作ると人気まちがいなし。

長い間「口に合わない」と思い込んでいた(ゴーヤ料理はよく作っていたが)沖縄料理、やっと、思い違いであることに気づくことができた。
どんなことでも「新しい発見」はうれしいけれど、食いしん坊の私には食べることに関してなら、なおさら。

しょっちゅうおじゃまさせて頂いている幾つかのブログでは、その都度何かの情報や示唆などいただいている。
皆様に感謝。

|

« 個人宅でのパソコン教室 | トップページ | エクサさんのこと »

コメント

こんばんは。
沖縄と聞けば・・・心動く私です。けれど、なかなか行ける状況にない。でもでも美味しいもの、ディープ沖縄は、大阪でも味わえます。

このゆし豆腐、駅前第3ビルの「レストランオキナワ」の看板メニューです。ランチでは、どっかりと、たっぷりの量がでてきて堪能できますよ。

紹介サイトのURL張っておきます。
http://r.tabelog.com/osaka/rstdtl/27000353/

投稿: pianocraft | 2008年3月13日 (木) 21時15分

りんさん、こんにちは!

拙い記事をご紹介いただき、どうもありがとうございます。
りんさんの作った沖縄料理、どれもおいしそうです!
食べたことがないのにこれだけ作れるのは、やはり才能でしょうね。
わたしなんか何度も食べているのに、さっぱりレシピが思い浮かびません…。
それにしてもさりげなくオリオンビールが添えてあるあたり、心憎い演出です(^^)。
明日仕事で大阪に行くので、時間があったらpianocraftさんおすすめのお店に行ってみたいと思います!

投稿: koji | 2008年3月14日 (金) 10時51分

へ~!ラフティーって焼酎で煮るんだ、知らなかった
私は焼酎派だからもったいなくてhappy02
出来ません。でもうまそうだなぁ角煮を作るか
焼酎として飲むか、ん~迷うcoldsweats01

投稿: ななぼう | 2008年3月14日 (金) 21時18分

pianocraftさん、こんばんは。
良い情報、教えていただきました。作りながらも「ホンマはどんなもん?」と頼りなさがありました。
ぜひそのお店に行ってみたいと思います。
(以前教えていただいた「ビアカフェ」も気になりながらもまだ、です。
梅田は行く機会が多いので、こちらの方が先になりそう)
何といっても、「ゆし豆腐」楽しみです!

投稿: りん | 2008年3月14日 (金) 22時21分

kojiさん、こんばんは。
大阪にも来られるのですか。いつの日かoff会でもしましょうか。
pianocraftさんとも縁あってお会いしています。

「お肉中心でひつこい」というイメージがあった沖縄料理、いやぁ無知でした。好みのものがいっぱいありそうです。
オリオンビールは「本場モン」かどうかわかりません。
あっさり味でした。おかげでゴクゴクと一気に飲めました。(「ノンベエ」というわけではなく、喉が渇いていたのです!)

投稿: りん | 2008年3月14日 (金) 22時27分

ななぼうさん、こんばんは。
焼酎派、でしたか。
私は、煮物などに純米酒を使っています。
「料理酒に純米酒なんて」と言う友もいますが、お鍋に入れるとき、ちょっとだけ自分も飲むのがとってもおいしいのです。
で、その為用に料理酒の種類も考えています。

でも本当に!(強調しておきましょう)私は量を飲みません。(毎日も飲みません)
実は、このスタイルでおいしい料理をずっと作ってくれていた父を偲んで、といったところです。
ラフテーに使う焼酎はどっさりにする必要もありませんので、少し飲んで、少しお鍋に、はいかがででしょうか?

投稿: りん | 2008年3月14日 (金) 22時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/200019/11235719

この記事へのトラックバック一覧です: みようみまねの沖縄料理:

« 個人宅でのパソコン教室 | トップページ | エクサさんのこと »