« ちょっと豪華なランチ | トップページ | みようみまねの沖縄料理 »

2008年3月11日 (火)

個人宅でのパソコン教室

あれこれやりたいことはいつもいっぱいあるのに、悲しいことに何と言って得意なものがない。
それはそれで仕方の無いことだけど、「何で稼ぐか?」は常に頭の隅においておかなければならない。
ひとつの仕事に従事し積み重ねを確かにしている人に対して、ちょっとうらやましい気持ちがあるものの、自分はそれを選択してこなかったのだからしかたがない。

恋愛も仕事も「出会いの運」というけれど、運が良いのか「探せども探せども仕事が見つからない」という深刻な状況に陥ったことはない。
それでもキャリアというものがない身には、年を重ねるほどに求職に関して気後れは増すばかり。

昨年の今頃は職探しをしていた。
対象年齢を軽くオーバーしているにも関わらず、メールでアピールし面接にこぎつけた。
採用はされたものの、適応力、記憶力の衰えは自身の思惑以上のものがあり、一連の仕事の流れを獲得するまでに消耗した気力、体力は限界に近かった。
「たった1年、されど1年」、もはや今では同じことはできないような気がする・・・。

「(応募はたくさんあったのに)なぜ、キャリアもなく年齢が高い私を採用したのか?」は、いまだにある疑問だけれど、もしリストラがあるなら有力候補となるかもしれないという自覚はもっていたい。
また逆に、どうしても意に沿わない経営方針が打ち出されたなら撤退への道も考えたい。

ではその後、何で稼ぐか?
もはや仕事としての新しいものに取り組む勇気はありそうもない。
この含みもあり、また現職(長く留まる為に)のスキルアップの目的もあり、このところ以前にも増してパソコン画面に向かっている時間が増えている。
職に就いたのが高齢なのだから、キャリアを積むのに悠長なことはしておられない。
「その後」の稼ぎにパソコンを生かそうというならなおさらのこと。

そんな思いのあるところに、たまたま15年以上も会っていない知人が近くでパソコン教室を開かれたことを知り、さっそくおじゃましに行った。

教室開催のため、家の一角を改築されたようす。
思いがけないことに、自治体の保育士だった奥様が早期退職し共に運営されている。
夫の60歳の新しい出発に寄り添い共に時を刻んでおられるご様子は、「夫婦のあり方」という意味でも示唆を受けた。

自分の仕事内容も明らかにした上で、さまざまお話をうかがったが、勤務先のパソコン教室とはまた違うシステムによる運営も大いに興味が湧いた。
学びたいソフトもあるので、実際に受講してみる気になっている。

初めてパソコンに触った14年前から、パソコン関係では何度も「生徒」の立場になったけれど、インストラクターをしてからは初めて。
今の仕事(やその先での仕事)に生かせると判断した「投資」でもあるけれど、果たして・・・?

|

« ちょっと豪華なランチ | トップページ | みようみまねの沖縄料理 »

コメント

 りんさん、こんにちは。りんさんの前向きな考え、きちんと物事に取り組む姿勢、いつも感心いたしております。
 母は、今年で七十になりますが、いまだに自宅で子供達に書道を教え、その一方で自分も書道の教室に通っています。
 パソコンは、日々進化していきますし、自己投資なされるのはとてもよいことと思います。いくつであっても何かを学ぶと言うことはとても素敵だと思います。

投稿: もりゆ | 2008年3月12日 (水) 13時29分

もりゆさん、こんばんは。
いやぁ「書道」ですか。人をうらやましがってはいけない、と思いつつ、うらやましいです。confident
私も仕事につながるパソコンを納得できるくらいマスターしたら(そんな日がくるかな?)、お習字かピアノ(もしくは両方)をゆっくりと習いたいと思っています。

お母様もいつまでもお元気で励まれますように。
(私もあやかりたいです)

投稿: りん | 2008年3月12日 (水) 22時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/200019/11182307

この記事へのトラックバック一覧です: 個人宅でのパソコン教室:

« ちょっと豪華なランチ | トップページ | みようみまねの沖縄料理 »