« カーテンができた。 | トップページ | 「BOOK OFF」に本を売る »

2008年6月26日 (木)

『闇の子供たち』

前々回エントリーした『コタンの口笛』(石森延男)は、先を読むのがとても楽しみだったし、どっぷりと作品にひたりきるのが心地良かった・・・。
が、同時に読み始めたもうひとつの本『闇の子供たち』梁石日(ヤン・ソギル)は途中、たびたび吐き気に襲われ幾度も放棄しようと思いながら、やっと読み終えた。
最後までたどり着いたのは、「知りたい」という欲や「知らねば」という義務感だけではなく、やはり作品の巧みさがあってのことだろう。
この夏に公開予定の映画『闇の子供たち』阪本順治監督の原作でもある。

闇の子供たち *裏表紙による作品紹介
【貧困に喘ぐタイの山岳地帯で育ったセンラーは、もはや生きているだけの屍と化していた。実父にわずか八歳で売春宿へ売り渡され、世界中の富裕層の性的玩具となり、涙すら涸れ果てていた…。アジアの最底辺で今、何が起こっているのか。幼児売春。臓器売買。モラルや憐憫を破壊する冷徹な資本主義の現実と人間の飽くなき欲望の恐怖を描く衝撃作。】

幼い少女に性的暴力を為す事件は、日本でもしばしば起こる。世間の犯人に対する怒りは当たり前ながらすさまじいものがあるし、マスメディアでも犯人を擁護する報道などまず見られない。
幼い子相手では、「合意か否か」などの判断が必要ないのはもちろんのこと。

ではなぜ、それと同じ行為がまかり通るところが存在するのか?
国内で「凶悪非道の暴力」と認識されていることを、なぜタイにおいて少ない数ではない日本人が(他国の人もいるが)行っているのか?
相手が子どもであれば、「買春」と言えるものですらないことは明らかなのに・・・。

『闇の子供たち』は冒頭からタイにおける子どもたちの「売春」実態を、赤裸々に描写していく。
心はもちろん、身体もいまだ受け入れるまでに成熟していない子どもたちをどのように「調教」していくのか・・・。
暴力や飢えに対する恐怖から「心」は受け入れ始めても、受け入れきれない幼い「身体」はどのように傷つき、破壊されていくのか・・・。

幼い者への性的欲望などみじんも理解できない私には、「幼児売春」に関して書かれていることすべてが「なぜ?」につながり、何をどう考えればいいのかすらわからなかった。
ところが後半部分で「臓器売買」に主題が移ると、おぼろげながら見えてくるものがあった。

もし我が子が重大な腎臓病に罹り「移植しない限り数か月しか余命がない」と宣告を受けたなら・・・。
死は刻々と近づくのに我が子に適合する臓器提供者は得られない・・・。
そんな時に、お金さえ出せばタイで臓器移植が受けられると誘われたなら・・・。

「提供される臓器」には何か「事情」があると感じられても、いやはっきり我が子の命と引き換えにその見知らぬ提供者に死が訪れるということを知ってしまっても、「我が子を助けたい」という欲に負けてしまわないと、自分は断言できるだろうか?
物語に登場する日本人夫婦はそのようにしてタイに我が子を連れて行く・・・。

我が子への思いと幼い者への性的欲求(それぞれの重大な結果も)は同一視はできないけれど、「富める者」が「貧しき者」を蹂躙する構図は同じ。
公にはできないどろどろとした「欲」を自分自身も内包しているだろうし、その受け皿が存在すれば自ずと引き付けられるだろう。
そこに「業者」は介在し莫大な利益を上げる。
そして犠牲となるのが非力で小さい子ども

つまるところ直接関わっていなくても、100%の「No」を断言できない自分もまたそのような「業者」や仕組みを支えている、ということなのだろう
尚、この本にはその「仕組み」が巨大で強力、いかに暴力的かも描かれている。

どろどろとした人の欲は「闇」であり、それを支える仕組みも「闇」の中、そして子どもたちは「闇」に葬られる・・・。

読めども読めども絶望のようなものが広がる本ではあるけれど、一筋の「光」も描かれている。
それは、自身への暴力に怯えながらも、あくまで子どもたちに寄り添おうとする日本人のNGO組織に所属する女性、音羽恵子の存在。

貧困な想像力を補って余りあるようなリアルな描写による実態に衝撃を受けながら、何とか読み進んだので、「ぜひ」とは薦めにくいけれど、読まれた方の感想を頂けたら幸い。

近く公開予定の映画は、記述に匹敵するようなリアルな映像は考えられないし、どのような描き方をしているのだろう?
視点は同じであってほしい、と願っている。

|

« カーテンができた。 | トップページ | 「BOOK OFF」に本を売る »

コメント

「闇の子供たち」の絶望が伝わってきて、是非、観ようと思いました。
知らされていなかったり、伝わっていない情報って多いですよね。
他国のことを人事のように感じているのが、今の私たちなのかも。
やっぱり、それではいけないと、背筋を伸ばしました。
りんさまの視点はクリアーです。ありがとうです。

投稿: おひさん | 2008年6月27日 (金) 23時09分

おひさんさま、こんばんは。
いつの時代のどこに生まれるかで、人生の99%以上が決まってしまうのかもしれませんねぇ。
「命の重さ」に差があり過ぎてあまりに不公平です。

今日も夕方、仕事から帰ってくると住宅地のあちこちで子どもたちがお父さんやお母さんと遊んでいました。
穏やかでのどかな風景でしばらく見とれていましたが、この本に描かれている子どもたちとはかけ離れた世界です。

投稿: りん | 2008年6月28日 (土) 22時56分

さっそくアマゾン.coに申し込みました
本待ちです。

投稿: ななぼう | 2008年6月30日 (月) 10時14分

りんさん。こんにちは。
梁石日さんの暴力描写を知ると、怖い思いがしますが、りんさんの感想を読んでみて、誇張ではない現実として繰り返されているそのこと事態が、許されざることだと感じました。

構造的に不均衡な上に酷い抑圧があることは多いですが、いつも思うのは、それがもっとも弱いところへ向かっていく残酷さです。
本を手にとってみたいと思いますが、読める時期を見計らって・・と言う感じで考えています。

投稿: pianocraft | 2008年6月30日 (月) 11時42分

ななぼうさん、こんばんは。
この本は、文体は難しいというわけではないですが、その生々しい描写は読み続けるのが苦痛になります。
でもその描写通りのことが、小さい子達の上に起きているのですね。
読んで、知って、どこかで自分なりの「No!」を表していきたいです。

投稿: りん | 2008年6月30日 (月) 18時40分

pianocraftさん、こんばんは。
私をよく知る人から、「梁石日の本やのに読める?」と言われました。
読み始めて意味がよくわかりました・・・。

かつて日本でも買った娘を男性に奉仕する目的の為に「調教」することがあった、ということが書かれた本を読んだことがあります。
見かけでえり好みをしないように目をつぶし、「男性」を傷つけないように歯を全部抜き、そして使い物にならなくなれば海に捨てる、といった内容でした。若いときに読んだのですが衝撃で、「その時代のその立場」に生まれなくて良かったと心から思いました。

でも今の時代に、さらに低年齢の子たちがそんな目に合っているなんて・・・。
本当に許されることではありません。ほっておいてはいけないことですね。

投稿: りん | 2008年6月30日 (月) 18時53分

こんばんは。『闇の子供たち』借りてきました。表紙の絵がずいぶん違った感じのものになっています。全部読みすすめられるかわかりませんが,読んで見ます。『コタンの口笛』はまだまだ。でも読んだらかならず報告しますね。

投稿: KATEK | 2008年7月 4日 (金) 20時23分

KATEKさん、こんにちは。
装丁は、映画公開に合わせて改められたようです。
前半部分が特に読み進めにくいかと思います。とってもむごいのです。
でもむごいのは描写ではなく、実態なのですね・・・。

『コタンの口笛』もそうですが、児童文学に読み応えのあるものがたくさんあるのでうれしいです。字が大きいのも魅力です!
以前にKATEKさんも児童文学を積極的に読まれているようなことを書かれていたかと思います。またお薦めのものがありましたらブログででも教えてくださいね。

投稿: りん | 2008年7月 5日 (土) 16時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/200019/21904864

この記事へのトラックバック一覧です: 『闇の子供たち』:

» 腎臓病 [腎臓病 ガイド]
腎臓病の症状、治療について [続きを読む]

受信: 2008年7月15日 (火) 15時35分

« カーテンができた。 | トップページ | 「BOOK OFF」に本を売る »