« 『海に沈んだ対馬丸』 | トップページ | 再びやってきた暑さと共に復活 »

2008年8月29日 (金)

『ベルリン終戦日記』

8月はテレビ番組や新聞の書評欄に戦争関連のものが多い。
そのこともあって、今月はテレビ視聴や読書時間が長かったように思う。
特にNHKによるドラマ(広島放送局開局80周年ドラマ『帽子』)やドキュメンタリーなど秀作揃いで、見始めるとぐいぐい引き込まれてしまっている。
書籍も、字が大きく平明な文体の読みやすいもの中心に幾冊か読み終えた。

ベルリン終戦日記 『ベルリン終戦日記』(著者は匿名)はその内の1冊。
ベルリンに住んでいた34歳の女性ジャーナリストの手による、ベルリン陥落前後の1945年4月20日から6月22日までの日記。
過去を振り返っての記録ではなく、「その時代、その場」に生きた人がリアルタイムに書き綴ったもの。秀でた文章力により情景は生々しいまでに伝わる。
爆撃、破壊、占領、略奪、陵辱・・・。

1960年にドイツで出版された際、「レイプと生き延びるための性的協力」が描かれていることなどにより、相当の物議をかもし出したらしい。
著者が亡くなったことでようやく再版になったとのこと。

衣食住、さらには安全さえ常に危機にさらされ続けている状況でよくぞここまで書き記したものだ、と感嘆するが、むしろ書くことによって精神のバランスを保っていたのかもしれない。
著者自身ももちろん性暴力から逃れることはできなかったし、「犠牲者」の視点で書かれたものではあるが、決して被害者意識にとどまったものではない。
深い教養(ロシア語もある程度理解した)と優れた観察眼、偏りなく開かれた心での分析、巧みな表現力で、戦争、ナチ、ロシア人、ドイツ人、男と男社会、レイプ・・・といったものの本質を克明に晒していく。

先へ進むのが楽しみといった内容ではなく、読み続けるのは辛いし、読み終えてもザラザラとしたものも残る。
『アンネの日記』のように遺されたものではなく、著者は90歳まで生きられた、ということを救いとして、この赤裸々な記録を読ませていただいた。
もっとも著者自身は、「生きていたことが、よかったのかどうか」の思いを終生持ち続けられたらしい。

もし自分がこの状況下にあれば、生きることを放棄しているかもしれない・・・。
強靭に生き抜き、貴重な記録を残してくれた著者に賛辞と感謝をおくりたい。

|

« 『海に沈んだ対馬丸』 | トップページ | 再びやってきた暑さと共に復活 »

コメント

りんさん。こんばんは。
暴力の話は辛い、しんどい話ですね。けれど、知りたい、知らなければと求めていく時もあります。まったく受け付けないときもありますが。

でも、誰かの生きていく強さを知るときにどこかで、自分の一部がちょっとだけ強くなった気がしたりします。ささやかですが、知ることでも強くなれるように思うのです。

何か次のことをするのに、焦ることはないですよ。私なんていつもペースはばらばらですもん。

投稿: pianocraft | 2008年9月 1日 (月) 22時13分

pianocraftさん、こんばんは。
この本の著者はすさまじい状況にありながらも被害者、加害者といった意識を超えた感じ方、考え方ができています。
強さ以上に、この開かれた心に感嘆しました。
私の心もちょっとだけでも影響を受けて欲しいです。

そうですねぇ。焦っても対応できない年齢になったような気がしています。
ぼちぼちやっていくとします。

投稿: りん | 2008年9月 2日 (火) 23時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/200019/23339036

この記事へのトラックバック一覧です: 『ベルリン終戦日記』:

» ハイ・シャパラル/シャパラル高原 [アメリカテレビ映画・テレビドラマ ふぉーえばー]
1870年代、アリゾナの荒野に移住したキャノン一家が、ハイ・シャパラル牧場を守るためにさまざまな困難や暴力と闘う話 [続きを読む]

受信: 2008年8月29日 (金) 22時54分

« 『海に沈んだ対馬丸』 | トップページ | 再びやってきた暑さと共に復活 »