« 2009年2月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月29日 (日)

今年も梅田クリスマスマーケットへ

4年前にたまたま出くわしたときに感じた「異国情緒とときめき」は薄れたものの、やはりその後も訪れずにはおれない梅田シティのドイツクリスマスマーケット。
夜には点灯する巨大なツリー、ヒュッテと呼ばれる木の屋台で売られるソーセージやドイツパン、ワイン、カラフルなお菓子にさまざまなオーナメント・・・。
子どもたちが独立してから、家では「クリスマス」は素通りしてしまうから、ここに来たときだけしばしクリスマス気分。

ヒュッテ

パンとコーヒー
まずはホットコーヒーとドイツパン。カップを持参していたけど、今年のカップが気に入りカップ付きで注文。
グリューワイン
ホットで飲む「グリューワイン」はとても人気があり、カップ持参なら600円。
高いし味も好みでないこともわかっていたのについ買ってしまったのは、とっても寒かったからかな。
カップのぬくもりを感じながらも、ビールや普通のワインを飲む人を横目で見て、「あっちの方が絶対おいしそう!来年はグリューワインはやめよう!」と心の中でブツブツ。
でも確か去年も同じことを思っていたような・・・。

メリーゴーランド
ツリーやヒュッテは少々見飽きた感があるものの、ゲートをくぐってすぐのところに設置されるメリーゴーランドはいつの年も惹きつけられる。
世界に4台しかない110年の歴史を持つ木製の回転木馬らしい。
「乗りたいなぁ~」という思いがちょっぴりよぎるけど、きらびやかに造られた馬は子どもと若者にこそ似つかわしい。

十分堪能しながらも、初めてのときから梅田シティに来る目的はいつも映画鑑賞。クリスマスマーケットはあくまでもついでの楽しみ。今年も20日から開催されていることを知っていたけど、観たい作品が始まる28日まで待っていた。それは『戦場でワルツを』
(アリ・フォルマン監督・脚本によるイスラエル映画、レバノン内戦に関するアニメーションドキュメンタリー。)

この映画のことはブログに書けるかどうかわからない。いっぱい考えないと書けない気がする。

4時40分の映画開始前に撮った画像は何とか見られるけど、終了後のライトアップされた状態ではまともに撮れているものがない。人出もグッと増え、ニコラウス(ドイツのサンタさん)も登場してたのだけどなぁ・・・。
キリスト生誕

クリスマスには欠かせない、「キリスト生誕」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月27日 (金)

『This is it』を観た

たいしたファンでもないのに、誘われて観た話題の『This is it』。
いやぁ、よくできていることに感心。111分の上映時間中、楽しみっぱなし。
屋内ではなく野外スクリーンであれば、座ってなどおらず歌い踊りだす観客がいっぱいいるのではないだろうか?
まちがいなく、ステージ上のマイケル・ジャクソンは「King of Pop」、偉大なスターだった。
「出演者」がみな超一流だし、音楽ドキュメンタリーとしての構成も絶品。
ステージで駆使されるはずだった各種ビデオも、映画ならではの効果的な演出で迫ってくる。

50歳でここまで「素敵」であることがすばらしいし、オーラを発散するマイケル・ジャクソンと共にステージに立つ若者たちの輝きもこれまたすばらしい。
彼、彼女たちは「マイケルと同じ舞台」を夢見て、厳しいオーディションを勝ち抜いてきた。
亡くなるには早過ぎたし、並ぶ人超える人がすぐに現れるとは思えないけど、とにもかくにもマイケル・ジャクソンは次世代へバトンをつないでいる。

惜しむらくは、やはりメディアを通じて伝えられてきた私生活のスキャンダラスな面。
リズムに乗せて手足の先まで自由に身体を操ることができても、心の制御はままならない。
映画でも幾度も口にする「I lobe you」、確かに心は愛であふれていただろうに、孤独の影がつきまとう・・・。

歌とダンスの世界でまばゆいばかりに輝く姿を(たとえリハーサル映像を通してにしろ)、記憶に刻むことができて良かった。

当初2週間限定上映の予定が、いまだ各地で延長が続いていたり急きょ上映が決まったり、という状況のよう。近くで上映があるなら、ぜひご観賞を!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月25日 (水)

メニュー日記のお勧め

時節がら、店頭やネットなどで手帳や日記の販売が目立つ。
小さい頃から続いたためしのない日記を、ここ数ヶ月はちゃんと書いている。
もっとも記すのはその日の夕食メニューだけ。
体調のことや読んだ本など、書いておきたいことはいっぱいあるけど、欲張ると続かないのは何度も実証済みだからそれはちょっとお預け。

今人気の10年日記にヒントを得て作ったのは、Excelによる10年メニュー日記。
もちろんパソコンではなく手書きもいい。
添えるのはパソコンなら画像、手書きならイラストかな。

なかなかメニューが思い浮かばないとき、「旬の食材」がピンとこないとき、などの助けにもなる。
朝、昼、晩と3食とも書く方がいいと思うけど、私の場合、平日では料理らしいものを作るのは夜だけなので夕食中心の記載。

始めたばかりではあるものの、2年目がくるのがとても楽しみ。
去年の今日、何を作ったか(食べたか)、見ることができるなんてワクワク!

10年日記からの思いつきとはいえ、下地にあるのは「沢村貞子さんの献立日記」のような気がする。
若かった頃、沢村貞子さんの主婦ぶりに関する記事を何かで読んだ。
忙しい中でも家事をきちんとこなされ、献立日記も作られている。
自ら和布などで美しく装丁されたその日記は既に幾冊にもなっている、などと書かれていた(ように思う)
「素敵だなぁ~」とあこがれつつ、20数年後に私が始めたのは沢村貞子スタイルに程遠いパソコン仕様・・・。
ま、雲泥の差はあるけれど、比べない、比べない。

参考までに、私が作っているExcelでの10年日記メニューはこんな感じ。
• 1つのシートに1月分。列方向に、日にちと曜日、メニューをひとくくりとして年度を取る。(そのひとくくりを年度分並べる。)行方向は1日から31(30)日まで。
• 日にちと曜日はオートフィルで簡単入力、ウィークディ関数を使って土・日の日にちと曜日の文字色が自動的に赤や青色になるよう条件付書式で設定。(書けばややこしそうでも実際の操作はとても簡単)
• 調理法やメモを記載したいときは、コメントを利用。
• メニューの中で常備菜の文字色は変えて区別をつける。

「エクセルを習っても何に利用すればいいかわからない」と言われた主婦の生徒さんがかなりおられた。
10年(メニュー)日記をパソコンでやってみようという方は、ぜひエクセルでどうぞ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年11月19日 (木)

またひとつ地域の「良い店」がなくなる。

歩いて20分くらいのところに川魚料理の店がある。
初めて訪れたのは30年近くも前のこと。
家に来てくれた母を案内した。
聞いていた評判から、母が気に入るかもしれない、と期待した。
その通り、こじんまりした静かな店内でいただく鰻の蒲焼や川魚のアライを母はたいそう喜んだ。
母が「おいしい!」と感じ食が進む料理は少ない。

蒲焼は、美しい焼き色から香ばしさが立ちのぼり、口に含むとみじんも泥臭さがない。
鮒や鯉のアライはしっかり氷でしめてあるが、雑味や水っぽさがない。
添えてあるまったりとした酢味噌の酸味、甘み加減も文句なし。
それでいて価格は随分抑えてある。

このあと母は、お友だちを誘い訪れたよう。
母にとってこの店と味は、電車を乗り継ぎ2時間以上もかけて来る値打ちがあった。
もちろん私の家に来てくれた時の楽しみのひとつにもなっていた。
いつもおいしそうに食べ、必ずお店の人に心づけを渡していた。

4年前に母が亡くなってからも、年に1,2回は訪れた大切な店だったのに、閉店が決まってしまった。
不況の波にあおられたのか、店主(料理人)の高齢化の為か・・・?

地域でひとつひとつ消えていくのは、心寄せた店。
新しくできるのはたいてい、便利だけど(24時間営業、早い、安いといった)心を寄せることなどなさそうな店。
寂しい・・・。

「20日で閉店」を知ったのが遅かったので、食事に行く時間が取れそうもなく蒲焼の持ち帰りを頼んだ。当日に1本いただき、2本は冷凍して日をおいて惜しみつついただく。
蒲焼

店を出るとき、いつも通り店主自ら「ありがとうございました」と挨拶された。
私の方も、母のことも含めて心から「ありがとうございました」を返した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月17日 (火)

めざすところは「やさしい家」

今より4歳若かっただけなのに、家を建てるときにバリアフリーの考えが全くなかった。
狭い敷地なので、子どもたちの部屋をいかに確保するか、そればかりとらわれていた。
ところがアッという間に2人の子どもたちが独立し、家にいない。
また、夫も私も「老い」への自覚はまだ乏しいものの、確実にそれがやってくることを意識し始めている。
お誘いすれば、喜んで我が家まで来てくださる夫の両親も足腰が弱っている。
今は少し疎遠となっているが、かつては車椅子の方たちとも交流があった。
それなのに、なぜバリアフリーの発想がなかったのか?大いに悔やまれる。

自宅でパソコンレッスンをし始めているが、生徒さんに車椅子の方がおられる。
その方のおうちまで出張しているものの、外出する機会が少ない方だけにできれば来ていただきたい。

その為の準備をすべく、建てたときにお世話になった不動産屋に、玄関への階段(高さ約15cmで2段)のスロープ工事の見積りをお願いした。
社長自ら職人を連れて来てくださったものの、曰く「これはもったいない。工事するのは止めましょう。何とか別の方法を考えましょう。」

玄関、階段の石タイルにはこだわったといういきさつもあり愛着がある。改めて眺めてみてもやはり美しい。
それを壊してしまうことはちょっぴり寂しい・・・。その心を社長に見透かされたのか?

結局、何も対策をとらないまま、まずは生徒さんと介護をされる親御さんに家を見ていただく。
すると意外にも「これなら大丈夫」とのこと。

車椅子から降りられた生徒さんは親御さんに身体をしっかり支えてもらいながら、ゆっくりゆっくり進まれる。
この方とは2年半にわたる交流がありながら、(車)椅子に座る姿以外見たことがない。
力が感じられないたよりなげな足運びでありながら、「人が歩く姿は、何ていいものなのだろう~」としばし見とれた・・・。
そして、ハッと気づき私も手を貸した。

何とか玄関まで上がられると、あとは何も問題なし。
用意しておいたのはキャスター付の椅子。
段差のないフロアー、引き戸(これが大事らしい)になっているトイレ。
「弱者にやさしい家づくり」の意識は私にはなかったけれど、ありがたいことに設計者には多少なりともあったのだろう。
生徒さんは、とても居心地良さそうにされていた。

我が家がこの方を受け入れることができる環境であったことがとてもうれしい。
ポーチ階段の見積りはしてもらいぞこなったものの、やはり考えるべき方向はバリアフリー。
工事となればデザイン面ばかりではなく費用のこともあり悩ましいけれど、できるところから少しずつ手を加えて「やさしい家」にしていきたいな。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年11月12日 (木)

『母なる証明』

昨日、ポン・ジュノ監督 『母なる証明』を観た。
それほど多くない入場者のほとんどが女性(私も含めて中高年ばかり)。
これは女性割引のあるレディスデーだからというだけではなく、「殺人事件の容疑者として逮捕された息子(演じるのはウォンビン)を助けるために、母親が懸命に努力する」というあらすじが女性の気持ちに響くためか・・・?
母なる証明  もしそうであれば観賞者たちには裏切られた思いがあったかもしれない。
あらすじからイメージされるような「落涙をこらえ切れない感動作」ではなく、ミステリ仕立てで人の心のひだ深く分け入り暗く重い部分を描き出す作品だった。

冒頭、枯れた草原に一人きりでいるいわゆる「おばさん」風の中年女性(「韓国の母」といわれる大女優キム・ヘジャ)。
彼女が(カメラに目を据え)音楽に合わせ踊り出す。
「なに??? 何が始まる?」
と狐につままれたような感覚が消えない内に、続いて(気弱な私には)正視しづらい映像。
屋内で裁断機を使い乾燥薬草を切り続けている先の女性、道路をはさんだ向かい側を気にして、視線の先は常にそこにある。
「ガシャ」という刃が薬草を切り落とす乾いた音、おろそかになっている手元、少しずつ短くなっていく薬草に彼女は二度三度と刃を下ろしていく・・・。

緊迫した場面でも想像上の怪物がベースなので言わば気楽に観ることのできた前作『グエムル-漢江の怪物』(これでこの監督のファンになった)とは、のっけから趣きが違う。
「母の愛」をテーマにしながら、善男善女は描かれないし美男美女も登場しない。(ウォンビンは美形だけど「かっこいい」役ではない)描写はリアリズム。

殺される女子高校生。逮捕される知恵遅れで記憶にも障がいがある青年。息子の為なら常軌を逸する行動も厭わない母。
そこにからむすべての登場人物は、「端役」など誰もいないと感じられるほど、物語において重要な個性を放ち、またそれにふさわしい者が演じる。
冒頭の枯野を始め、画像に上げた村の墓地など、風景も印象に残る。

サスペンスでありストーリーを書くことははばかれるが、後半の展開は意表をつかれるし、それが冒頭の「なに???」のシーンにもつながっていく・・・。
この作品のもつ凄みは、むしろ女性より男性が引き込まれるのかもしれない。
とはいえ、私はもう今からポン・ジュノ監督の次の作品を楽しみに待っている。

*公式サイトはこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 5日 (木)

抹茶茶碗に盛り付ける楽しみ

皆さま、お久しぶりです。
相変わらずパソコン三昧の日常ながら、振り回されていたパソコンを振り回す方へと転換を図りつつあります。
おいおいブログでも具体的なことに触れていくかもしれません。

さて、近ごろの大きな楽しみのひとつは夕餉のしたく。
ぜいたくな素材は使えないし、たいしたメニューはできませんが、最近手に入れた器のおかげで料理が映えるのです!

9月始め、夫の運転する車で奈良方面に向かっていたとき道端に「滝谷不動 陶器まつり」の看板が目に留まった。(その日が初日)
急きょ行き先変更、私は陶器まつりが大好き。

会場は高台の駐車場、10数軒の店にそれぞれ並べられた器も売り手も個性いろいろ。
ぐるりと回ってみて強烈に惹きつけられたのが、抹茶茶碗のみを扱うお店。
ちょっとクセ有りげな店主による、焼き物の種類や作家名、形状のいわれなどのうんちくもなかなかおもしろい。
茶道は20歳前後に数年間学んだものの、お粗末ながら抹茶のおいしさ以外の記憶がない。
抹茶茶碗にさまざまな形状があることも今更ながら教えられた。(すっかり忘れているのかも)
どれもこれも欲しくなりさんざん迷った挙句、「馬上杯」という高台の高い形状のものを焼きの種類違いでひとつずつ3種求めた。
もとよりお抹茶に使うつもりはない。その日の夕食に汁物を入れるとこれが何とも素敵!

何とその後も1週間の会期中、いてもたってもおられず仕事の合間に2度も出かけてしまった。車の運転はできないので電車を乗り継ぎ汗をタラタラ流しながら山道を登った。
結局、3回で手に入れた抹茶茶碗は10数点。

最近『魯山人でもてなす』という本を読んだけれど、ここは手の届かない世界。
でもこの抹茶茶碗なら私でも買えるし、盛付ける料理のイメージも次々湧いてくる。
で、どうでしょう?
おいしそうに見えますでしょうか?
雑煮
ちょっと早いけれどお雑煮
これが「馬上杯」なのに、撮り方がヘタで高台が見えていない・・・

さつま芋とひじきのご飯
ひじき、さつまいもご飯(画像を撮り忘れたけどこの器はおそばが映える)

フルーツ
伊賀焼の夏用抹茶茶碗らしいけど、フルーツにもぴったり

栗ご飯 
これは清水焼の抹茶茶碗によそった栗ご飯

かぶら蒸し
こんな形の抹茶茶碗もあるらしい。かぶら蒸しを作ってみた

白和え
これは菊菜と柿の白和え
そうそう、これも「馬上杯」

カフェオーレ
近頃はカフェオーレもこの抹茶茶碗ばかり

| | コメント (8) | トラックバック (1)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年12月 »