« 昨日は雪の金剛山へ | トップページ | 再び金剛山 »

2010年1月16日 (土)

ハイチ島のこと

ハイチ島のことを、地図上にあるひとつの島(国)という以上に関心をもったのは『八月の太陽を』[乙骨淑子・著、滝平二郎・絵]を読んでから。
それから30年近くなるけれど、メディアを通して伝えられるハイチの話に良いものはひとつもなかった。
最近のテレビでも、暴力と荒廃、貧困、無秩序を象徴するような映像、あるいはハリケーン災害といったものばかり流れてきた。

そしてこの12日に発生した大地震。
天災は時と場所を選ばずにやってくるけれど、その被害状況は「時と場所」に大きく左右される。
大地震は、世界でも最貧国のひとつと言われるハイチを襲い、ほとんどの建物に耐震性はなく、どこもかも崩れ落ちた。

かつてはフランスの植民地だったこの国には、「世界で初めての黒人独立国(1804年)」という輝かしい歴史がある。
『八月の太陽を』では、過酷な支配に立ち上がった黒人指導者トウセンとその闘いが描かれる。
タイトル「八月の太陽を」は、優れた戦略家でもあるトウセンの作戦を表している。
軍備の十分なイギリス軍との戦いを、現地人にしか耐えられないような暑さの8月に照準を合わせたことにより勝利に導いた。

物語は1802年で終わり、独立には触れていない。
その理由として、作者の乙骨淑子さんのあとがきには、「独立国にはなったものの、それから160年以上もたった現在でも、なおハイチ島はその頃の黒人たちが願っていたほんとうの独立国になってはいないため」と書かれている。

『八月の太陽を』により、カリブ海の小さな国の輝かしい歴史に魅せらた私。
片や、その国ハイチの人々は貧困層が厚く識字率も低い。
自国の「物語」を読み、誇りや力を感じることなどどれくらいあるのだろうか・・・?
世界は不公平に満ちていると思うけれど、せめて大災害の時には、最優先で被災地とそこに暮らす人たちに手を差し伸べる世界であってほしい。
早くはやく、もっともっと救援を!

ユニセフからの募金はコチラから。

|

« 昨日は雪の金剛山へ | トップページ | 再び金剛山 »

コメント

りんさん

私はハイチ島が何処にあるかも全く知りませんでした。
ニュースで聞いて貧国であり、がれきを掘るのにも機械、道具が無く手作業で掘って救助活動が遅れている事、いろんな悪い事件が発生している事など知るくらいです。
でもやはり幼子や子供の泣くニュースが流れると辛いですね。
世界あちら、こちらで起こる自然災害の度胸が痛みます。
それにしてもりんさんの知識の深さにはには驚きますよ。

投稿: fumiken | 2010年1月17日 (日) 00時12分

fumikenさん、こんばんは。
ハイチは大地震でしたが、建物群が崩壊してしまったこと(耐震性のないひどい建物ばかり?)、未だ救援の手が差し伸べられることのない被災者がいっぱいいることなど、胸が痛むと同時に怒りも湧いてきます。
被災者の人たちが絶望しない為にも、世界の人たちが気にかけ援助しようとしていることが伝わってほしいです。
といっても私にできそうなことはささやかな募金でしかないのですが。

fumikenさん、買いかぶりですヨ。私は知らないことばっかりです。

投稿: りん | 2010年1月17日 (日) 22時17分

こんばんは。

遠い国でも、それぞれ個人の関心や関わりでその国を近しく感じているということがありますよね。

ハイチという国は、とても縁遠いような気が最初はしてましたが、音楽を聴いていたことを思い出しました。
りんさんの関わりも、30年前とお書きになっていますが、わずかでも色んな国に関心をもつことが大事な気がとてもします。

投稿: pianocraft | 2010年1月19日 (火) 23時16分

pianocraftさん、こんばんは。
昨夜、ブルドーザーに人が巻き込まれていくようなとても怖い夢をみました。
何だろう?と考えましたが、映画『カティンの森』とハイチ大地震の映像が刻み込まれているのかもしれない、と思い至りました。
夢でも怖いのに、どちらも現実に起きたことです。その恐怖は私の想像など及ばないものでしょう。

pianocraftさんはさすが音楽、ですね。同じカリブ海の島ジャマイカにはBob Marleyという「レゲエの神様」がいて、私も大好きですが、そういえば特にハイチの音楽を意識したことはなかったです。
音楽や映画、文学などを通して他の国に思いが強くなるということはよくあり、うれしいですね。

投稿: りん | 2010年1月20日 (水) 17時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/200019/33010721

この記事へのトラックバック一覧です: ハイチ島のこと:

« 昨日は雪の金剛山へ | トップページ | 再び金剛山 »