« ハイチの「希望」 | トップページ | やっぱり今日はお寿司の丸かぶり »

2010年1月27日 (水)

乙骨淑子さんという児童文学者

少し前、ハイチ島のことに関連して『八月の太陽を』という優れた児童書のことを少し書いた。(コチラ
その時に少し読み返したのをきっかけに、再び乙骨淑子さんの本にはまってしまった。
20年~30年前くらいに読んだときより視力が衰え、以前には全く気にならなかった字の小ささが負担ながら、感じるおもしろさは今が上回る。
年を重ねたことで、外見はもとより、内面もずい分変わったのだろう。
私の変化は、どこにもたいした影響はないけど、もし乙骨淑子さんが今も書き続けておられるなら更にどれだけの良書を世に送り出されただろうか、と思うととても残念。
乙骨淑子さんは既に1980年、51歳で亡くなられている。

乙骨淑子さんの作風は、児童書ながら「骨太」という言葉がぴったり。それでいてやさしい。
どのような作家であったかということは、遺作『ピラミッド帽子よ、さようなら』のあとがきに収められている「告別のことば」(小宮山量平氏)からもうかがえる。

*小宮山量平氏による「告別のことば」より抜粋*
あの『ぴいちゃあしゃん』で、あなたは戦争責任そのものに、容赦なくとりくんだことは明らかです。そして『八月の太陽を』において、あなたは解放と革命の想念を、若い読者たちの精神の糧として見事に結晶させています。そして、今は絶筆となった『ピラミッド帽子よ、さようなら』では、現代的環境に囚われた若者たちの感受性そのものの変革にかんする最良の試行を決行しておられます。

このような揺るがぬ理念を貫きながらも、作品は人への慈しみ、生への賛歌にあふれている。
私はちょうど今、「告別のことば」にあげられている3作品を再読し終えたところ。
若い頃はストーリー展開のおもしろさにばかり惹かれた気がするが、今は読むほどに作者が真っ向から取り組もうとした壮大なテーマに包み込まれるような感覚があるし、作品の一編一編が、病弱だった乙骨淑子さんが血を吐くような思いで綴りあげられた結晶なのだと、ひたすら愛しい。

残念ながら、すべて絶版になっており中古本もなかなか手に入りにくい。
(所蔵している2冊の単行本、全8巻の全集は、今では私の宝物になった)
図書館でしか読めないけれど、ぜひ一読をお奨めしたい。
最初の一冊としては、ハイチ島が舞台になっている『八月の太陽を』が良いかもしれない。
実話に基づくものながら、確かな筆致で描かれる物語は起伏に富み、グイグイ引き込まれていく。

画像は単行本2冊。装丁もとてもいいでしょ?
乙骨淑子さんの本

|

« ハイチの「希望」 | トップページ | やっぱり今日はお寿司の丸かぶり »

コメント

こんにちは。

こちらの記事を書かれた後、すぐに『ピラミッド帽子よ、さようなら』が復刊になったようですね。ただ小宮山氏の加筆部分はなしでのようです。僕は全集版で読んだのですが、ラストが気になっていたので、ちょっと残念ではありです。個人的には『十三歳の夏』を復刊してもらいたいところなのですが・・・。

投稿: ともお | 2010年3月19日 (金) 12時29分

こんにちは。

こちらの記事を書かれた後、すぐに『ピラミッド帽子よ、さようなら』が復刊になったようですね。ただ小宮山氏の加筆部分はなしでのようです。僕は全集版で読んだのですが、ラストが気になっていたので、ちょっと残念ではありです。個人的には『十三歳の夏』を復刊してもらいたいところなのですが・・・。

投稿: ともお | 2010年3月19日 (金) 12時29分

ともおさん、こんにちは。
『ピラミッド帽子よ、さようなら』の復刊のこと、ちっとも知りませんでした。うれしいです!
ですが、やはりこの本のことを思うと「乙骨さん、ホントの続きはどんなの?」と問いかけたくなります。
『十三歳の夏』はまだ読んでいません、夏になったら読もうかな。

ともおさんの「マイ棚」、興味深そうな本がズラリと並んでいましたね。

投稿: りん | 2010年3月20日 (土) 11時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/200019/33149327

この記事へのトラックバック一覧です: 乙骨淑子さんという児童文学者:

« ハイチの「希望」 | トップページ | やっぱり今日はお寿司の丸かぶり »