« 春爛漫 | トップページ | れんこん饅頭 »

2010年3月29日 (月)

ご無沙汰でした

前回アップした、花壇の桃の花は既に満開を過ぎ、ひときわ色鮮やかではあるが言わば「姥桜」状態。だけどこれはこれでまた美しい【←人も同じ、と言いたい(^^♪】

その間、ブログもほったらかしだったけど、「更新がないけど、元気?」とメールをいただき、恐縮と感謝。
リアルにしろネット上にしろ、人の縁は大切にしたい。
今日は散漫になるだろうけど、この間の状況などちょこっと書いておこう。

義父の症状は一段落し退院も目の前、と思い込んでいたのが諸事情で転院、入院生活が続くことになった。
退院を楽しみにしていた義父の願いが叶わなかったこととその原因は、かなり私を落ち込ませ鬱々とモノを考えさせた。雨ばかり続いていたことも関係があったかもしれない。久しぶりに明るい陽射しを見たとき、パッと心が晴れたもの。

沈んでいるときは外出もつい億劫になるけれど、「そんな時こそ外へ!」は生きてきた長さが教えてくれる。
なかなか観る機会の得られない、南京虐殺に関する映画上映があったので出向いた。
抗議による混乱の危惧から劇場公開が取りやめられたという経過のある『南京NANKING』を観た。
気弱なときでもあり、コトのむごさに途中で吐き気さえ催す始末。
日本人は「過去のこと」にできても、むごさを身に受けた立場の人がそれを時の流れに風化させることは絶対にできないだろう、と改めて思う。

新屋英子のひとり芝居『身世打鈴』が、近くで上演されたのでこれも観た。
既に初演から30有余年とのこと。過去のときのように心にピンピンと響くことがないのは、自身の感性の衰えか、はたまた時代の流れか・・・。

そして今日は、末っ子ファミリーに会うために岡山まで出かけていった。
もうすぐ1歳になる子をたいそう慈しみ、生真面目なパパ、ママぶりの若い二人が初々しい。年配者からは未熟に見えても、口出しは控えて根気良く見守ってやりたい。

このファミリーの健やかさが、自分の幸せであることを実感。
自分の幸せは、自分のことだけにあるのではない。
そしてやっぱり、岡山でも義父のことを考えた。
義父にも幸せでいて欲しい。

幼な子が少し眠くなった頃、帰るべく「バイバイ」と手を振ると、小さい手を振り「バイバイ」を返してくれた。その瞬間「パパ」と「ママ」は二人して「オー」と歓声を上げた。
初めてバイバイができたらしい。
小さな天使クン、周りに幸せを振りまいてくれてアリガト。

最初に予告したようにとっても散漫な文章ですね。まるで晴れたり降ったりと今日の気まぐれ天気のよう(*^_^*)

|

« 春爛漫 | トップページ | れんこん饅頭 »

コメント

りんさん
お元気でしたね

人間感情の動物ですからいつも、いつも同じ気持ちででは過ごせません
「喜怒哀楽」があってこそ人ですよね。

りんさんっていつも、何事にも熱心だから息抜きが必要なんですよ。
私みたいな「ケセラセラ」性格も困ったものですが アハハ
でも安心しました。

投稿: fumiken | 2010年3月30日 (火) 20時05分

 すっかりご無沙汰しています。パソコンが使えなかったもので。小さな天使さん、健やかに大きくなられているのですね。なによりのことです。お子さんの初めてに喜ぶ心、しっかりと子育てしてらっしゃる息子さん夫婦の様子が伝わってくるようです。

投稿: もりゆ | 2010年3月31日 (水) 09時01分

fumikenさん、こんばんは。
頑張りやのfumikenさんから「息抜きを」と言われると、顔が赤くなっちゃいます。
怠けているとこうして励ましてくださる方があることに感謝!
怠惰な私ですがこれからもどうぞよろしくお願いします。wink

投稿: りん | 2010年3月31日 (水) 21時15分

もりゆさん、こんばんは。
久しぶりにお声が聞けて(ちょっと違うかな)うれしいです!そしてやっぱりもりゆさんらしい「目のつけどころ」だとひとりでうなづいています。
もりゆさんには、その小さな子のあどけない表情や小さく振る手が目に見えるよう、なのでしょうね。
若いパパ、ママにも応援をいただいたような気がして、心強いです。

投稿: りん | 2010年3月31日 (水) 21時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/200019/33993077

この記事へのトラックバック一覧です: ご無沙汰でした:

« 春爛漫 | トップページ | れんこん饅頭 »