« 命の炎は美しい | トップページ | 「嫁」ならではの付き添い »

2010年3月 4日 (木)

今年もくぎ煮

今の季節、阪神地区ではいかなごを炊く甘辛くふんわりとした香りが家々に立ち込めているのだろう。
かつては阪神地区に住む人からよくいただいたが、ここ大阪でもくぎ煮(いかなごの甘辛煮)を炊く家が多くなった。
生いかなごが手に入ること(兵庫産)、調理が簡単なこと、長期保存ができること、何よりおいしいことが、くぎ煮ファンを増やすのだろう。

私もファンの一人で毎年炊いているが、「おすそわけ」をしたことはないように思う。
分量を量って作っても、仕上がり状態が定まらないので、どうも家族以外の人に食べていただくことに気おくれがある。
でも今年はその気おくれを思い切ってとっぱらい、プレゼント用に炊くことにした。
届けるのは、入院した義父の世話にかかりきりの義姉、そして義父が帰るまで広い家にひとりきりの義母。
きっと自分のうちのごはんのことなど、なかなかできないに違いないもの。

入荷(漁)のない日もあるけど、今日は運良く生協の店にあったので1キロ袋を3つ買った。
1キロずつ3回炊いて、内1回はくるみ入り。
くぎ煮

くぎ煮くるみ入り5
同じように作ったつもりでも、今回もやっぱり仕上がり状態が定まらない。画像ではわかりにくいけど(出来立てで湯気が上っている状態)、くるみ入りの出来が不本意。色が悪いしツヤに欠ける。
あと1、2回は作るだろうからしっかり検証して、それからブログにポイントを抑えた「おいしいレシピ」を書き残すことにしよう。

調子に乗って次も、ほとんどがプレゼント用になりそう。
作っている内にどんどんあげたい人が浮かんできたもの。
最近ちょっと落ち込んでいる友、丹精込めた野菜などよくいただくおじいさん、なかなか行ってやることのできない末っ子家族、などなど・・・。

|

« 命の炎は美しい | トップページ | 「嫁」ならではの付き添い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/200019/33633982

この記事へのトラックバック一覧です: 今年もくぎ煮:

« 命の炎は美しい | トップページ | 「嫁」ならではの付き添い »