« 馬は温かい | トップページ | 夫の実家へのお届け弁当 »

2011年5月31日 (火)

敬愛する中村哲さんと

中村哲さん ほぼ日曜ごとの夫の実家通いのこともあって、講演に参加したのはほぼ1年ぶり。
1年前も今回も講師は、アフガンで活動されている医師の中村哲さん。
この人の講演は何をおいてでも出かけていきたい!

29日の日曜日は早朝からお弁当を仕立て、夫に実家へと届けておいてもらった。
(とってもおいしそうにできあがっていたので、近いうちにこれもブログにアップしておこう)

会場は大阪市内にある「大阪女学院 へールチャペル」
アフガンコンサート委員会というところが主催で、第1部がコンサート、第2部が講演という構成となっている。
着いた時は既に開場していたが、雨模様ということもあってか、ラッキーなことに一番前の席が空いていた!
よく見える、よく聞こえるといった理性的な理由から前に座りたいのではなく、「少しでも近くにいたい」という感情から。

人がやらないことをやる。
理念を重視しない。「実際に人の命が助かるということ」を重視する。

中村氏の考え方の基本はここにあり、それゆえ医師でありながら(命を救うため)井戸を掘り、自ら用水路まで開かれている。私はそんな中村氏にぞっこん!

講演内容は現地の状況と長期にわたる活動の報告で、1年前と大きくは変わらないが、直接は触れられてはいないものの、東日本大震災のこと(原発のことも含めて)を念頭におかれて話されていることがよく伝わってきた。

「人間は自然を征服できない」
「かつてからあった自然と同居の智恵が失われた」
「自然をコントロールできないが、共存はできる」
「(安全基準など)人間どうしが決めたことなど自然は無視する」

などと、現地での用水路建設や洪水に関してのくだりで、幾度も繰り返された。

話される言葉がすべて心にしみ入っても、またたとえ一番前の席といっても、壇上におられる中村哲さんの存在は遠い・・・はずが、何と質問タイムで質問者がうまくマイクを使えなかったことで中村哲さん自身が壇上を降り、私の目の前を通って質問者の近くへ移動された。
「生(なま)中村哲さんが目の前にいる!」と多少?興奮し、失礼とは思いつつシャッターを切らせていただいた。トップの画像はそのときのもの。

ところが、その日のうれしいハプニングはそれでは終わらなかった。
講演終了後、書籍の販売コーナーにいた私に夫が「中村さんと写真が撮れそうだよ」と言いに来た。
自分にミーハーな部分があることはよく認識しているが、夫にはまったくそんなところはない。
私でも中村氏とツーショットで写真を撮るなど余りにミーハー的で照れるのに、夫がそれを撮る側にまわるなんて!?

中村氏は講演終了後も座席に座られ、依頼されるたび写真に納まったり本にサインをしたりされている。

夫に促されるまま、空いた横の席に座るとすかさずシャッターがおろされる。
中村氏は「フラッシュが光りませんでしたが、いいのですか?」と、気づかいまでみせてくださる。
そしてそのまま会話が続いた。
以前からの知り合いのように?自然体で言葉を返して下さる中村氏は「傲慢」のひとかけらも感じさせない。

講演では、アフガン人の「何もかも失った人の楽天性」に触れられ、「貧乏になっても誇り高く生きることができる」と話されていた。
誇りと傲慢とを取り違えている人はいっぱい知っているけど、中村氏は本当に誇り高く生きている人だ。

そんな中村氏の前では、ひとこと話すごとに自分の中にある(いつも隠しているつもりの)「傲慢」が浮き出されてくるようで、話ができている喜びの一方、恥入る気持ちも湧いてくる・・・。

望めばもうしばらくはお相手して下さりそうだけど、丁寧にお礼をいって(未練を残しながら)引き上げた。

緊張もしていたからカメラのことなんかもう頭になかったが、何と10枚ものツーショットが残されていた。
おかげで中村氏と二人で話をしたことなど、夢としか思えないのに、画像を見ては現実だったと確かめることができている。
「写真があれば喜ぶだろう」の思いから、(決してそのキャラではないのに)ミーハーに徹してくれた夫にはただ感謝!

こんな浮ついた人間はホント中村氏の足元にも寄れない存在だなぁ~、とはわかりつつ、せっかく身近にお話しする機会を得たのだから、次回の講演に参加する時にはホンのちょっとでも今よりマシな人間になっていたい、と思う。

|

« 馬は温かい | トップページ | 夫の実家へのお届け弁当 »

コメント

りんさん、こんばんは(やった、コメント一番乗り!)

中村哲さんの講演に行かれたのですね。わたしも中村哲さんを尊敬しています。
素晴らしい活動をなさっているのに、驕ることなく謙虚で、本当に希有な方ですね。

それにしてもりんさんの少女のようなぞっこんぶりは意外でした。
わたしも(実は)基本的にミーハーなので、お気持ちはよくわかりますヨ。

でも一番印象的だったのは旦那さんですね(^^)。
「写真があれば喜ぶだろう」って、何て優しい旦那さん!
わたしも見習わねば!

投稿: koji | 2011年5月31日 (火) 20時36分

> 誇りと傲慢とを取り違えている人はいっぱい知っているけど、

 本人は決してこの二つを取り違えているつもりはなくても、はたで見ている人の目には取り違えているように映ることも多いでしょうね。果たして本人の意識と他人の評価と、どちらがより事実に近いのか・・・。

 傲慢になることなく、かといって卑屈になることもなく、それでいて自分が信じている筋だけは通す・・・。生涯かかっても出来そうもありません。^^;


投稿: | 2011年5月31日 (火) 21時29分

↑ 先のコメントに名前を入れるのを忘れてました。失礼しました。^^;

投稿: ともしび洞 | 2011年5月31日 (火) 21時30分

ペシャワール会・中村 哲さん、精力的に講演ツアーしていますね。
(検索からやってきました)

ややミーハー的な思いを寄せるというのも不思議な感覚ですが、支援の原初的な在り様の1つでしょうから、微笑ましいですね。

中村さんの活動ですが、とりわけ9.11以降の世界と日本の関係を考えるとき、とても重要なポジションを占めているように思います。
米国寄りの姿勢で傾斜を強めてきた日本ですが、彼のような個人的な活動によって、かろうじてぎりぎりのところで日本へ向けた眼差しのバランスが保たれているように思います。

>誇り高く生き
今の日本人が失いつつあるかも知れない、人としてもっと大切なエートスの1つですね。

ご本人の謙遜ですが、秘めた強い意志ゆえの、振る舞いなのでしょうか。
りんさん(そう呼ばせて頂きますが)のような、暖かい心強い支援があってはじめて継続活動できるものですので、支援の輪を広げたいものですね。

投稿: Yuh | 2011年6月 1日 (水) 12時54分

kojiさん、こんばんは。
仕事関係の勉強の本に、以前から手製のしおりを使っています。それはネットから拝借した中村哲さんの画像入り。頑張れる気になれそうで・・・。
そして今回getした画像は、もう携帯の待受け画面におさまっています(*^_^*)
我ながらちょっとあきれるところもあるのですが、それをさせる魅力が中村哲さんにはあります!

夫はまじめ一本な人です。最初に写真を撮ってくれたとき、横を向いていた中村哲さんに「中村先生、写真を撮りますからちょっとこっちを向いていただけませんか」と、きまじめな顔をして頼んでいました。
するとこれまた、中村先生もきまじめな顔をしてカメラの方を向いて下さったのでした(*_*;

中村先生は対で話してみれば、ホントに自然体というか身近に感じる方で、「今晩、うちでご一緒にお食事しませんか?」とお誘いすれば、家に来て下さりそうな雰囲気がありましたヨ。

投稿: りん | 2011年6月 1日 (水) 22時39分

ともしび洞さん、こんばんは。
> 誇りと傲慢とを取り違えている人
おそらくその筆頭は私です。
「自分らしく」を押し通しているようでいて、実は限りなく傲慢色を帯びているような気がします。

結局、日々の生き方(生活の営み方)が人間性を形成していくのですから、もうちょっとマシな自分になろうとするなら、もうちょっとマシな時間を過ごす必要がありそうです。
あれ!?こんな書き方、もしかしてともしび洞さんに似てきています?

投稿: りん | 2011年6月 1日 (水) 22時41分

Yuhさん、初めまして。コメントありがとうございます。
中村哲さんは、ただ自分の信念に従い自分のできる範囲で行動されている方だと思います。ただその信念は強固だし、「できる範囲」が途方もなく広い。
日本人にこのような方がおられることがとてもうれしいです。

私はペシャワール会の会員でいることぐらいしかできませんが、中村哲さんの今後の活動も見守りつつ、やはり後を継ぐような人物が出てくることも願っています。

投稿: りん | 2011年6月 1日 (水) 22時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/200019/40209189

この記事へのトラックバック一覧です: 敬愛する中村哲さんと:

» IKEA家具のスペシャリスト [Witch House]
IKEA(イケア)のことならおまかせください。代行購入、搬入、設置まで、トータルコーディネイトいたします。 [続きを読む]

受信: 2011年6月 1日 (水) 04時35分

« 馬は温かい | トップページ | 夫の実家へのお届け弁当 »