« 原発はいらない | トップページ | プラカードはこれで »

2012年7月 8日 (日)

4時間の至福

旅芸人の記録ギリシャのテオ・アンゲロプロス監督の訃報が1月に伝わった時は衝撃だった。
死というものは、人を選ばず突然訪れることがある。
そのことはわかっていても、いつもいつも中々受け入れにくい。

日本で公開されたアンゲロプロス作品は、ほとんど観ている。
おかげで「ギリシャ」でイメージされるのは、霧にけむる寒色の情景、あるいは小雨にぬかるむ土道、そしてエレニ・カラインドルーの抒情的な音楽だったりする。

新作を観ることはもはや叶わないものの、必ず行われるであろう「追悼上映」を楽しみにしていた。ところが映画館でもテレビでもちっともその気配がない・・・。

そして半年。大阪での「突然の追悼上映」の案内を見つけた。
何とか時間を調整しての鑑賞は、代表作『旅芸人の記録』

『旅芸人の記録』Wikiより
旅芸人の一行が19世紀の牧歌劇「羊飼いのゴルフォ」を上演しながら、アトレウス家の古代神話を基にギリシャを旅し、1939年から1952年の歴史と政治史が旅芸人の視点から語られる。「現代ギリシャ史と風景を横断する旅」をテーマとし、ギリシア神話に依拠した、叙情詩的、叙事詩的な作品である。

夜6時半からほぼ4時間にわたる長編であり、過去に幾度か鑑賞もしているので「眠気が襲うかも?」との予想は全く当たらなかった。
正に至福の4時間。
すっぽりとアンゲロプロス監督の世界にはまり込み、現実世界のことはすべて遠のいた。
感情移入ではなく、「寄り添う」という感じ。
かつて幾度か観たときにそのような感覚はなかったので、自分が年を重ねたことも関係しているのだろう。

アンゲロプロスが作り出す人物、情景、音楽、ストーリー。
そして、歴史とそれらが織りなすハーモニー。
ここに身を置き、心を寄り添わせることの心地よさ。

76歳で逝かなければならなかったアンゲロプロスはさぞ無念であったろうが、改めて心からの感謝を捧げたい。すばらしい作品をありがとう!

余談をひとつ
このポスター、「譲ってほしい!」と映画館でお願いしたけど、「古いもので上映終了すれば返還しなければいけない」と断られた。残念。

|

« 原発はいらない | トップページ | プラカードはこれで »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/200019/46241456

この記事へのトラックバック一覧です: 4時間の至福:

» 洗濯機にカビが [めいみ城]
ヒエヒエヒエ洗濯機の中、まわりにカビが・・・・! [続きを読む]

受信: 2012年8月 2日 (木) 13時36分

« 原発はいらない | トップページ | プラカードはこれで »