« あとからあとから人波切れず | トップページ | 残暑お見舞い申し上げます »

2012年7月25日 (水)

『七十歳死亡法案、可決』

好奇心にそそられ買ってしまった小説。垣谷 美雨著『七十歳死亡法案、可決』

『七十歳死亡法案、可決』内容(「BOOK」データベースより)
2020年、高齢者が国民の3割を超え、社会保障費は過去最高を更新。破綻寸前の日本政府は「七十歳死亡法」を強行採決する。2年後に施行を控え、宝田東洋子(55)は「やっと自由になれる」と喜びを感じながらも、自らの人生の残り時間に焦燥感を隠せずにいた。我侭放題の義母(84)の介護に追われた15年間、懸命に家族に尽くしてきた。なのに妻任せの能天気な夫(58)、働かない引きこもりの息子(29)、実家に寄りつかない娘(30)とみな勝手ばかり。「家族なんてろくなもんじゃない」、東洋子の心に黒いさざ波が立ち始めて…。すぐそこに迫る現実を生々しく描く。注目作家、渾身の書き下ろし小説。
**************************************

この本のことを知ったときにまず浮かんだのは愛読書、『楢山節考』深澤七郎著。
現代版『楢山節考』をいかに描いたのかを、確かめずにはおられなかった。

『楢山節考』に登場する、まもなく70歳になる「おりんばあさん」は、死を(それが村の因習による強制的なものであっても)自然の習いとして凛として受け入れる。
私にとって「よく生き、良く死ぬ」のある意味お手本ともなっている。

さて、『七十歳死亡法案、可決』。今や70歳での死亡は「若死に」の感がある。
この年齢で自分や家族の死を受け入れられる人がいるだろうか?
85歳とか90歳での設定であれば、もう少し感情移入できたかもしれない。
(もちろん法で死を強制されることは絶対認められないけれど)

それぞれ現代を象徴するようなキャラクターの言動も、どこかしっくりこない。
心深く入ってはこないが、ストーリー展開を追う楽しさはあり一気に読んだ。
しかし・・・ハッピイエンド好きの私でさえ、余りに「でき過ぎ」の話ではあった。

ネタバレは避けたいが、つまるところ現代版『楢山節考』ではなかった、ということだけは書いておこう。

|

« あとからあとから人波切れず | トップページ | 残暑お見舞い申し上げます »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/200019/46462589

この記事へのトラックバック一覧です: 『七十歳死亡法案、可決』:

« あとからあとから人波切れず | トップページ | 残暑お見舞い申し上げます »