2007年8月26日 (日)

新しいパソコンの不具合

この所、身近なことでは感情が荒立つことはなくいたって穏やかに過ごしていた。
が・・・久しぶりに小噴火。直接の相手は某電気メーカーのパソコンサポートセンターの人。
1ヶ月少し前にWindows Vistaを購入。メインにはXpを使っているが、時間を見つけてはVistaを操作し美しい画面を楽しんでいた。
ところが先日初めてデジタルカメラ(Vista対応のもの)をUSBで接続してみると、パソコンが認識してくれない。
まずはカメラメーカーのサポートセンターに問い合わせてみるが、わかりやすい説明を受け原因はパソコンの方にあると理解。
今度はパソコンのサポートセンターに電話。
状態の詳細やカメラメーカーのサポートセンターとのやりとり概要を伝えるが、最初に出た人は、そもそもパソコンに関する知識が乏しい上に横柄さが感じられる対応(言葉使いはていねいだけど誠実さが全く伝わらない)。
何かを聞くたびに「お待ちください」と幾度も長い間待たせる。
1時間くらいも実のない対応が続いたあとようやく交代した係員は指示の出し方や返答によどみがないが、横柄さは共通。
指示内容自体も、「ホンマに効果あるんか?」と疑いたくなるものばかり。
(実際にどれも効果なし。最もカメラばかりでなくフラッシュメモリなどの記憶媒体全般を認識しないパソコンであることはわかった)

何かのトラブルで不調になったものではなく、最初の状態から不具合のあったものなのに、当たり前のようにユーザーに時間と手間を負担させることに対する不信感がどんどん膨らむ。
3時間を越えた頃、「初期化してみてください」との指示。
初期からの不具合が初期化で改善される(可能性がある)ということを信じる気になれないし、その処置をユーザー側に求められることにも納得できない。
メモリも増設しているから、初期化となればその取り外しから、ということになる。
(今回は手数料を支払い購入店で増設を済ませてから納品してもらっている。)

「初期化のことも含めて、そちらで一旦パソコンを引き取って、使える状態にしてから戻して欲しい」と希望を伝える。
これには、「引き取ってもハード面に異常がなければそのままお返しして、お客様の方で初期化していただくことになります」と引き取り点検を承諾しない。
さらに「初期化」に対する疑問の返答として、
「ユーザーが一度でも使えば既に初期の状態ではなくなっています。たとえば100人の人が使えば100通り、1000人の人が使えば1000通りのプログラムになってしまうのでその結果不具合が生じたとも考えられますので、初期の状態に戻してやる必要があるのです」とのこと。

何が気に入らないって、このようなメーカー側の責任を認めないばかりかパソコン素人にはソレらしい理屈をこねれば説得できる(黙らすことができる)との思い上がりが我慢できない。

「まるで使い方に不具合の原因があるような言い方をされますが、100人が使えば100通り、1000人が使えば1000通りの状態になるのは想定されることであって、不適切な使い方をしていないのであれば1000通りにも万通りにも対応できるパソコンを提供するのが当然ではないですか?」と言い返さずにはおられない。

とにかく引き取って状態の確認と改善をしてほしい、との繰り返しの希望は「お待ちください」とこれもまた長い間待たせたあげく「申し訳ありませんが、それはできかねます。電話口でサポートしますのでお客様の方で初期化をお願いします」の一点張り。(初期化に関して、電話口でどれほどのことができると言うのだろうか)
それでいて、初期化しても正常に動作しないときの対応を尋ねても具体的に答えることをしない。

もはやこのメーカー及びサポートセンターにはすっかり落胆、これ以上何も期待できない。
一連の対応はおかしいし、不信感ばかりだということを伝えてさっさと電話を切る。

といってももちろん不具合のあるパソコンを使い続けるつもりはない。
サポートセンターとの交渉を打ち切ることを決めた時点で、もうひとつの窓口、購入店に交渉先を変える心積もりをしている。
とこころが、こちらの方は思いもかけない展開。
パソコンの状態及びメーカーのサポートセンターとやりとりもしたことを伝えると、あっさり「では新しいものと交換させて頂きます」
さらに「デスクトップということで持ち込みも大変だと思いますので、交換品を配送する業者に引き取り分を渡してもらえればいいです。メモリも最初のときと同じように増設して置きます」とのこと。

「・・・・・」

至れりつくせりの対応ではあるが、詳しい状態を聞かないばかりか商品を見ようともしないで「交換」にはこれまたどこか釈然としない。
とはいうものの、ありがたく受け入れ取り合えず一件落着。
店側が代わりの商品を確保できしだい交換ということになった。

不具合のあるパソコンはそのまま購入店からメーカーに返品されるのだろう。
もちろんメーカーはこの人気大型電気店からの返品は受け入れる。
思い起こすのは会社勤めをしていたとき、このメーカーの法人用サポートセンターに問い合わせたときのこと。
誠実で丁寧な対応で、不具合商品もすぐに引き取り正常な状態にして戻してくれた。
このメーカーは、小売店や法人を大切にして個人ユーザーをないがしろにしている、ということだろうか?
今まで数社でパソコンを10台くらい購入してきたが、このメーカーのものは初めて。
以後はたとえ周辺機器であっても絶対に購入しない!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年7月23日 (月)

MOS試験は高過ぎる!

「MOS(マイクロソフト・オフィス・スペシャリスト)試験対策」のインストラクションにはもう何度も入っているけど、実はMOS資格取得を一切していない。
パソコン関係といえば10年以上も前に日商検定をとったくらい。
今の職場でも資格は特に要求されておらず、経営者の考え方は、「資格より、できることの方が大切」と明快。(それでも上級レベル試験受験の際には受験料を負担してくれる。)

今回、生徒さんに実感をもってインストラクションができるよう、1度経験しておくことにした。
科目は「Word Expert」。
試験はネットからのダウンロードによる実技。試験会場にもなっている教室で、営業終了後一人で受けた。
慣れた環境で、慣れた問題(のはず)で緊張もない。
1000点満点で実はパーフェクトを狙っていたのだけれど、1箇所減点があった・・・。
制限時間は50分、時間内でも最後の問題までいけば終了できる。その後すぐに結果が画面表示される。

終了後に問題や解答の確認ができないことが、何やらひっかかる。
それ以上にひっかかるのが、この手間ひま省いた簡素なシステムにしては余りに高い受験料。
科目は「ワード」や「エクセル」など幾つもあり、さらにそれぞれにバージョン対応があり、一般レベルが1科目10290円、上級レベルが12390円。
受験者総数は、日本だけでも2006年度は28万人を超えたらしい。
海外でも何カ国も実施されているようだし、この試験だけでもマイクロソフト社に莫大な利益が入ることだろう・・・。
しかも例えばワードの機能を駆使して文書を作る力があったとしても、検定対策をしないと合格に結びつかない内容。
逆に言えば、合格能力と実務能力は必ずしも一致するとは思えない。
どれほどこの資格が就職の際や現場でモノをいうのかは知らないけれど、あまりに儲け過ぎ!
他のパソコン関連検定と比べてもマイクロソフト・オフィス・スペシャリスト検定は高い。

かつてとても使いやすい日本語ワープロソフト『一太郎』が、使い勝手の随分劣る『ワード』に征服された時も「マイクロソフト社の思うまま」に「なんで!」と怒りと不満をもちながら、しょうことなしに自分も『ワード』に変えたことがあった。(事務現場で『一太郎』は通用しなくなった)
今回もまた、「マイクロソフト社の思うまま」を実感。

う~ん、Vistaを買い込んでその美しさに喜んでいる自分も浅ましいかも・・・?

Siroiyuri
画像はやっと咲いたオリエンタルリリー。大きな花に細い茎が耐え切れないのでつっかえ棒をしている。
ふだんあまり話しをしない近所のおっちゃんが「きれい」とほめてくれた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年3月28日 (水)

初期化、悲喜こもごも

数ヶ月前からメインに使っているパソコンの不具合が続いていた。
突然システムが停止、英字が並ぶ画面、あるいは「致命的なエラー」といった表示が出るなどの繰り返し。
再起動やセーフモード起動で何とか使えていたので、根本的な解決やデータバックアップを一日延ばしに・・・。
(MOに一部は落としておいたし、サブとしてノートパソコンも使っている))

ところが1昨日、ついにシステムが突然(ではないのだけど・・・)完全停止。
ついに初期化を選択せざるを得なくなり、マニュアル書を取り出す。
ここで大いに悔やむことになった。
1昨年くらいにもう1台のデスクトップWindows98を初期化した。そのイメージが残っていたのだけど、今回のXpは何とシステムファイルが入っているCドライブだけを初期化する手順が載っている・・・。
「あぁ~」と思わず声に出しても後の祭り。
Dドライブに移動しておくだけで、助かったファイルがいっぱいあった・・・。

とはいえ、初期設定で入っていないソフトのファイルはDドライブ保存では残らない。
数百曲ほど入れていたiTunes、この内iPod miniに落としていたものが3割ほど。7割は失われた・・・。

たくさんのアプリケーションソフトも、すべてが再インストール可能かどうかわからない。
この現状に「がっくり気落ち」のはずが実のところ、そうでもない。
これは「ハードウェア」を体験するチャンスだ!と感じてしまったから。

パソコン教室では生徒さんからさまざまな質問を受ける。
ソフトウェア関連は操作中心で何とか答えられることも多いけれど、ハードウェア(機械)は元から苦手。マイパソコンに関しても最低必要限、しかもこわごわ扱ってきたので何も手応えとして残っていない。

初期化となれば、本体を開けて増設したメモリを取り出すことから始める必要がある。
本体の中身も改めて見ることができるし、メモリの着脱も再確認できる。

その上「初期化」についても具体的なイメージをもって生徒さんに話すことができる。
これはラッキー!と、初期化作業に何やら期待感まで湧いてしまった・・・。

ひとつひとつ手順を確認しながら、作業は無事終了。
今やデスクトップも各フォルダの中身も実にシンプル。
メールもブラウザの「お気に入り」もからっぽ。
頻繁に訪れていたブログやホームページの登録も一から。

それでもこのトラブル、「新しい仕事への応援」のように思えてしまうから人の心って不思議・・・。
パソコンの内部もケーブルだらけのデスク周りも埃をぬぐってすっきり。
まっさら?になったマイパソコン、これからもよろしくね。

| | コメント (0) | トラックバック (2)